人工ダイヤの歴史

【ロシアダイヤモンドとの差別化と今の安心材料】

このダイヤモンドの製法「高温高圧方式HTHP」はアメリカで発明され、1953年にアメリカのGE社によってこの高温高圧法は特許化されました。 これが人工ダイヤモンドの始まりであり、それは今のGem Quality宝石レベルになるまでは、様々なステージを紆余曲折してきました。

アメリカはこれらを工業ダイヤとして使用することに決め、ダイヤモンドの加工をダイヤモンドで擦るという方式に変え、第2次産業改革の目玉に据えて 開発、また使用をしてきました。 それが冷戦後のソ連において、ソユーズ計画が解体化された後のロシア科学者たちが、食べていくためにこの研究を急速に始め、その宝石的価値を高めていきました。

1990年代においてそれが完成し、インドの王族や、その他の資産家において1000年の夢のまた夢であった人工的に作られたダイヤモンドがこの世に誕生したのです。

アメリカ人の青年がそれを遺骨から作ると言うことに着目し、今の遺骨ダイヤモンドは2003年に世に出ることになりました。

 

現在スイスに2カ所の高精度のダイヤを造るラボが存在します。アルゴダンザ社と私どもです。またドイツ国内においても研究施設が数カ所に置かれています。

私どものStayforeverはドイツ国内で研究したものを、スイスのニューシャテル地方に持ち込んで開発生産を行っています。

今市場にあるスイス製と呼ばれるものも、全てはスイスで精製されているものではなく、他のロシアなどに生産委託している実態があります。ましてアメリカ製というものはそもそも存在しておらずほぼロシア生産というのが実状です。 我が社の価値は、その遺骨からの炭素精製、炭素からの高温高圧式でのダイヤモンド昇華、またその加工から研磨、詳細に至る検査という過程を 全て同じ敷地内で行っていることです。これは世界でもここにしかない唯一ものだと自負いたしますし、何よりの安心材料であると考えています。

大切な方の、大切なご遺骨を預かるにふさわしい施設を持っていること、また完全な施設の中で精製されるダイヤモンドを、信頼のダイヤモンドとお呼びいただきたいと考えます。

ダイヤモンドについて

合成ダイヤモンドについて

天然ダイヤモンドは地球の奥深く120kmの超高温高圧の環境で育てられます。そこで育ったダイヤモンドは、マグマの噴出等によって急速なスピードで地上まで運ばれるため、地球の奥深くにあったままの状態でダイヤモンドの結晶を手にすることができます。

合成ダイヤモンド(Synthetic Diamond)は、地球内部で生成される天然ダイヤモンドに対して、科学技術(主に高温高圧法)により人工的に精製したダイヤモンドです。メモリアルダイヤモンドは、ご遺骨の中に含まれる炭素を抽出し、高温高圧法により人工的に作り出した合成ダイヤモンドです。人工的に作られたダイヤモンドですが硬度(モース硬度 10)や輝きは天然ダイヤモンドと全く同じです。

ダイヤモンドの4Cについて

ダイヤモンドの品質を評価する国際基準です。 4Cとは、ダイヤモンドの品質を示す、「カラー(Color)」、「カラット(Carat)」、「クラリティ(Clarity)」 「カット(Cut)」の頭文字を表す言葉で、これら4つの基準によってダイヤモンドはグレーディングされています。

4Cのカラーは、マスターストーン(基準石)をもとに判定されます。ステイフォーエバーの  カラーはお選びいただく5つの色のことです。

 カラーレス(透明)
外気に含まれる窒素がカーボンに付着しないように真空の環境下で作ることにより、透明になります

 イエロー
カーボンが窒素(N)の影響を受けることによって美しいイエローダイヤモンドになります。

 ブルー
炭素の中に含まれるホウ素(ボロン B)によってブルーダイヤモンドになります。濃淡は、ホウ素の影響の受け具合によって違ってきます。(ホウ素は加えません)

 レッド
イエローダイヤモンドを基本として結晶変化によりレッドダイヤモンドになります。

グリーン
イエローダイヤモンドを基本として結晶変化によりグリーンダイヤモンドになります。

ダイヤモンドの重さです。

0.25ctから1ctまでのダイヤモンドをお作りしています。 1ctより大きいサイズをご希望の場合は、ご相談ください。

※ダイヤサイズの図 ダイヤのイラストは実寸にしてください。

ダイヤモンドのイラストは、実寸大ではありません

カットの種類はラウンドカット、プリンセスカット、ラディアントカット、ペアカット、トリリアンカット、ハートカットをご用意しています。ダイヤモンドの光りの効果を引き出すラウンドカットをおすすめしています。

ラウンドカット
ダイヤモンドの光りの効果を最高に引き出す、美しい58面体カットです。多くのジュエリー加工に対応できます。

プリンセスカット
正方形、長方形のブリリアント式カットになります。エッジが薄くデリケートなカット。

ラディアントカット
四角の形の4隅が切れていて、光りを集め放射上に拡散させます。大きめのダイヤモンドによく合うカットです。

ペアカット
洋ナシをかたどったカット。片方だけ尖った先端が指を綺麗に見せ、大人の風格をかもし出します。

トリリアンカット
三角形のカット。なかなか見つからないカットです。

ハートカット
エレガントさと可愛らしさを表現するカット。難しいカットの一つです。

ステイフォーエバーダイヤモンドの透明度は、天然ダイヤモンドの評価方法でIクラスからVVSクラスまで保障します。(SIクラス、VSクラスが多く見られます。)